絶縁針が通っている最中に動いたりしたらどうなりますか?

絶縁針による電気針脱毛は、絶縁針を処理したいムダ毛のある毛穴に差し入れ、微弱な電流を流すことでそのムダ毛の毛乳頭や毛母細胞に熱を与えることでダメージを与えるというものになります。この絶縁針に電流を流している間に動いた場合、やはりヤケドの恐れはあると言われています。

 

しかし、脱毛施術の間、微動だりしてはいけない、と言われると難しいものがありますよね。

 

動かないことがとても大切ではありますが、よほど激しく動かない限り、ヤケドなどの心配はないと言われています。身じろぎくらいの動き方ではヤケドをするということはないそうですが、赤味のある腫れやかさぶたが出来てしまうということはあるようです。

 

赤味のある腫れはどうしても電流を流したときに熱を持つため起こりやすいのですが、動くことでより腫れてしまうということはあるようです。また、痛みも動いた場合と動かない場合とでは異なります。動けばはやりその分痛みは強く感じるそうです。絶縁針が通っている間は、できるだけ動かないようにすることは、やはりとても大切だと思います。