性交渉の拒否が続くと浮気の可能性が高い?

性交渉の拒否が続くと浮気している可能性が高いと言います。

 

実際その通りで、性交渉を拒否するのは、セックスが嫌になったわけではありません。パートナーがセックスを拒否する場合、浮気しているケースが多いです。パートナー以外とセックスすると、異性として魅力を感じる相手ができてしまいます。

 

そうなると、その人と過ごすことで心身共に満たされてしまい、パートナーに関心を持てなくなってしまいます。この傾向は、特に女性に強く、特定の相手がいる場合、他の異性から触れられるのを嫌うようになります。

 

妻が性交渉を拒否する場合、浮気をしている可能性が高く、夫に対してセックス拒否をすることが多くなります。

 

妻が浮気している場合、性行為を拒否する傾向が強く、なにかと理由をつけては、拒否してきます。そんな気分ではないなど、色んな理由をつけてきては、なんとか性行為を拒否しようとします。

 

最近、妻が性行為を拒否してくるようであれば、浮気を疑ってもよいでしょう。浮気しているかもとしれないと思った時は、問い詰めてはいけません。一度問い詰められと、余計に警戒するようになります。